空き家で交流できる場を作り、街を活性化できればなと思いました

参加ボランティア

蒟蒻屋リノベーションボランティア!!

  • 一日完結
  • まちづくり
  • 文化芸術
  • 福祉・健康
  • 農林業

活動内容

今回取り組んだボランティア活動は、蒟蒻屋(大島屋蒟蒻店)をおでん屋に改装するお手伝いとして、重い機材を運んだりしました。活動の時には、受け入れ先である吉島さんが「なぜ蒟蒻屋をやっているのか?」「なぜ蒟蒻屋からおでん屋へと変わるのか?」について話してくれました。活動の後半には、吉島さんが考えているビジネスの構想や、高校生自身が「やってみたい」こと、「空き家を使ってできること」について語り合ったりしました。

高校生の声

空き家で、高校生と地域の人が一緒に交流できる場を作り、街を活性化できればなぁと思いました!

高校生の声

吉島さんの『イマ』に対する熱意や疑問、不満などを色々聞けて、自分もあてはまる思いがあったので、また話を聞きに行きたい!

コーディネータの声

今回のボランティア活動を通して、高校生たちにとっては、自分自身の「やってみたい」を考える機会になったようです。親でもない先生でもない大人の方々に、自分の心の内にある想いを話していくことで、想いが形になっていく。そういった大切さを感じることができました。今後も、高校生と地域の方々と話す場を設けて、自分自身のことを見つめるきっかけを作っていきたいと思います。