【Report】表郷夏祭りボランティア【7/17】

参加ボランティア

表郷夏祭りボランティア

  • 一日完結
  • まちづくり
  • 福祉・健康

活動内容

7/17、白河市表郷公民館にて行われた「ふれあい夏の集いin表郷」という夏祭りイベントにて、高校生が運営のボランティアを行いました。 会場の設営から、ブースのスタッフ、閉会式での餅まき、会場の撤収まで、イベントのさまざまな面において活躍しました。イベント中には高校生が壇上にあがるというサプライズもありました。 表郷在住ではない高校生が多いようでしたが、祭りの運営を通して表郷のみなさんとの交流や雰囲気を楽しんでいました。ボランティア終了後には「表郷はいいところですね」と高校生の全員が口を揃えて言っていたのが印象的でした。

高校生の声

初めて表郷に行きましたが、来られる方々、子供からお年寄りまで皆んなが暖かく見守ってくれました。表郷のみなさんが私達高校生がボランティアでお祭りを運営してる事を理解してくださってるのかな、と思い地域の温かさに心が動いた。

高校生の声

やはり、人と関わる事が好きだなと感じた。イベントに来てくれた方の笑顔を見ることで自分も笑顔になれるし、ボランティアとして地域に関わることはやりがいに繋がる事を改めて実感しました。

NPO法人表郷ボランティアネットワーク 藤田さん

この度は、「ふれあい夏の集いin表郷」にボランティアとしてご参加いただきまして、ありがとうございました。この催しは、ボランティア同士の交流を図るとともに、地域の皆さんへのボランティアの啓発も目的として開催しています。コロナ禍で久しぶりの学生ボランティアの受入れとなりましたが、高校生の皆さんは、各ブースで臨機応変に適応し、活発に動いてくれました。また担当ブースのスタッフとも交流し、地域の理解も図れたのではないかと思います。これからもぜひボランティアに積極的に参加し、地域の直の声を聴くことで、学びに活かしていってください。

コーディネーター ごり

今回ボランティアを行った表郷地区では、地域の皆さんの仲がとても良く、ステージに上がった人に対してもみんなでやさしく見守るかのような雰囲気でした。ボランティアの高校生に対しても声をかけてくれる方が多く、イベントの参加者にも感謝を申し上げたいです。運営のみなさんは、ほとんど台本がないのにも関わらず、協力しながらイベントを運営してしまうというパワフルさがあり、高校生もその気合に心を奪われていたようでした。いままでのボランティアに比べて、地域のプレーヤーのみなさんとの交流という側面が大きく、高校生の人的資本にもつながる機会だったと思います。今回のボランティアではイベントのスタッフとして活動しましたが、いずれは自分たちで地域でイベントの企画をして、地域のみなさんを巻き込む側になっていってほしいなと思いました。