【Report】音フェス運営ボランティア【7/29、30】

参加ボランティア

音フェス運営ボランティア

  • 一日完結
  • まちづくり
  • 文化芸術
  • 観光

活動内容

7/29, 30にきつねうち温泉で行われた音フェスにて、運営スタッフとして高校生がボランティアを行いました。 猛暑の中でしたがイベントの参加者や出演者のみなさんの受付などを行いました。さまざまな人やお店との交流を通して、今まで知らなかった白河の一面を知ったり、地域の活性化について考えたりするきっかけになりました。

高校生の声

その場にいる一人一人が、ステージでパフォーマンスしている人や、屋台に目を向けて盛り上がっているのを見てすごく感動しました。 また、暑いから熱中症対策もされていて運営側の大変さも知ることができました。

高校生の声

私は将来、保育教諭を目指しています。今回のボランティアではお祭りの運営の重要性を学びました。園でもお祭りをやる事もあると思うしお祭りではなくても連携を取る事が大切になってくると思うので生かしていきたいです。

高校生の声

人と関わるボランティアを始めてしました。雰囲気作りや運営側としての人との関わり方を学ぶことができて、いい社会勉強になりました。

受け入れ先からの声 音フェス実行委員 我妻さん

炎天下の中にもかかわらず、精力的に活動頂きました事、ありがたく思っています。 音フェスが無事開催できたのは二日間はみんなの自己管理のおかげです。ありがとうございます。また懲りずに参加していただけると嬉しいです!

コーディネーター 鈴木冴佳

暑い中、活動お疲れ様でした。「東地域を盛り上げよう」と多世代の人たちが協力しているアツい雰囲気を感じながら、活動ができたのではないかと思います。みなさんも社会の一員として場を作り上げたり盛り上げたりすることができるのだということ、そして地域でみなさんにできることがたくさんあるのだということに気づいてもらえていたら、嬉しいです!